LINE LIVEの配信はパソコンで視聴可能?視聴方法や配信方法もご紹介!

LINE LIVE パソコン

ライブ配信アプリとして多くの有名人が利用しているLINE LIVE(ラインライブ)ですが、スマホを利用して視聴や配信を行うことが多いです。。

ですが、視聴をするなら画面が大きい方が良いですよね。

また、配信をするときも画面が大きい方がコメントなども見やすくなるというメリットがあるので、パソコンで視聴・配信をしたいと考えている方もいます。

そこで今回は、LINE LIVEをパソコンで視聴する方法配信する方法をご紹介します。

LINE LIVEをパソコンで視聴する方法

PC配信するには?

パソコンから視聴する場合は、「LINE LIVE」の公式サイトから視聴する必要があります。

LINE LIVE

↑こちらから公式サイトへ飛ぶことができます。

  1. Web検索で「LINE LIVE」を検索します。
  2. 「LINE LIVE」の公式ページへ飛ぶとトップページが表示されます。
  3. トップページの画面右上にあるログインをクリックします。
  4. スマホアプリの「LINE」でログインします。
  5. ログイン後、トップページから視聴ができます。

LINE LIVEはWeb検索で探すことができるので、検索結果に出ている「LINE LIVE」の公式サイトへ飛びます。

サイトへ飛ぶとトップページが表示され、今している「人気配信」や「ジャンル」別の配信などが表示されます。

トップページに表示されている配信はログインをせずに見ることが可能です。

ですが、ログインをしなければ「コメントを送信」「配信者をフォロー」「ギフトを贈る」ことができません

そのため、コメントなどの機能を利用する場合は、ログインが必要になります。

ログインをするためには、「LINE LIVEアカウント」が必要になるため、事前にスマホで登録しておく方が良いです。

「LINE LIVEアカウント」の作成ができれば、パソコンの画面右上にある「ログイン」をクリックします。

クリックすると「LINEでログイン」と表示されるので、「LINEアカウント」でログインしてください。

ログイン後は、サイトのトップページから視聴が可能です

また、ログインをしているためコメントなどもできます。

ただし、注意したいのはパソコンでは配信を検索することができないため、スマホで事前に気になるライバーなどをフォローしておくと見ることができます。

LINE LIVEをパソコンで配信する方法

PC配信

配信をする場合も同様に「LINE LIVE」へのログインが必要になります。

また、パソコンで配信する際には、配信ソフトが必要になります。

今回は「OBS stubio」を使用していきます。

OBS stubio

↑こちらから配信ソフトをダウンロードすることができます。

  1. 上記リンクから配信ソフトをダウンロードします。
  2. ストリームキーとURLを設定します。
  3. 配信ソフトの設定を行います。
  4. ネット環境の確認をします。
  5. 配信開始

SHOWROOMのOBS Studio設定

1.配信ソフトのダウンロード

パソコンで配信する際には必ず配信ソフトが必要となります。

そのため、自分が使いやすいと思う配信ソフトを選ぶことをおすすめします。

2.ストリームキー・URLの設定

配信を行う前に必ず配信ソフトの設定が必要となります。

「ストリームキー」「URL」は、LINE LIVEトップページの画面右上にある「PCから配信」をクリックすることで表示されます。

この時、縦型と横型のどちらで配信するかでURLが異なってくるので、自分が配信したい方のURLをコピーしてください。

設定画面の配信タグをクリックすると「ストリームキー」「URL」の設定画面になるので、どちらもコピペします。

3.配信ソフトの設定

配信タグの3つ下にある映像タグから配信映像の設定をします。

映像は、縦型、横型で設定内容が異なります。

基本(キャンバス)解像度出力(スケーリング)解像度
縦型720×1280720×1280
横型1280×7201280×720

変更後、プレビュー画面にてそれぞれ縦長、横長になっていることを確認します。

次に、ビットレートの設定を行います。

配信タグの下にある出力タグから配信出力の設定をします。

エンコーダーソフトウェア X.264
映像ビットレート2000
音声ビットレート192(192kbps以上で任意の設定)

数値や設定を変えた際は、適用をクリックします。

適用をクリックしていない場合、適用はされないので注意してください。

4.ネット環境の確認

スマホとは異なり、パソコンの配信は低画質での配信に対応していません

そのため、安定したネット環境が必要となります。

配信前にスピードテストを行い、ネット環境のアップロード速度が最低4Mbps以上であるかを確認してください

また、モバイルWi-Fiや公衆無線LANなどのフリーWi-Fiは十分なネット速度が確保されないことがあるので注意が必要です。

speedtest(スピードテスト)

↑スピードテストを行う際に上記リンクの速度測定ツールをお使いください。

5.配信開始

配信を開始する際には、配信ソフトの右下にある「配信開始」をクリックすると配信が開始されます。

配信開始後、実際に配信ができているか確認してください。

まとめ

今回は、LINE LIVEのパソコンでの配信の視聴する方法や配信する方法をご紹介しました。

パソコンで見ることができるようになれば、好きな配信者を大きな画面で見ることができるというのはとてもうれしいですよね。

ですが、ログインをしないまま視聴すると十分な機能が使えず、コメントやギフトを送ることができません。

また、配信をする際には必ずログインをする必要があるので注意してください。

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません