ゲーム実況のやり方!生放送で実況する際の注意点とコツを紹介

ゲーム実況 やり方

今回は、ゲーム実況のやり方について、録画配信からライブ配信まで、すべてのやり方を紹介します。また、ゲーム実況する際の注意点やコツも紹介しましょう。

ゲーム実況のやり方

ゲーム実況を配信するやり方について、世界的には、ゲームストリーマーと呼ばれるゲーム実況者がどのように配信しているのか?やり方についての解説です。

PCゲーム実況を配信するやり方

PCゲームの場合は、PC本体とキャプチャーソフトがあれば、配信できます。キャプチャーソフトの録画機能を使って、PCゲームの実況を録画するだけです。自分の声を実況で使う場合は、外部マイクを接続して、音声入力の設定を変更すれば、音声での実況解説も加えられます

スマホゲーム実況を配信するやり方

スマホゲームの場合は、スマホアプリのミラーリングソフトをインストールして、PCゲームのキャプチャーと同じく、ゲーム実況を録画することが可能です。音声解説が必要な場合は、ヘッドセットを接続して、マイク機能をオンにします。

スマホゲームをライブ配信する場合は、5つのライブ配信を使うことによりリアルタイムでゲーム実況を配信することが可能です。

  • Mirativ
  • ツイキャスゲームズ
  • Twitch
  • ミルダム
  • BIGOLIVE

TVゲーム機でゲーム実況を配信するやり方

TVゲームでは、switchやPS4など、ゲーム機本体とPCをつなぐ必要があります。接続には、中継器として、キャプチャーボードが必要です。キャプチャーボードを使うことにより、TVゲームの実況画面を録画できます。

音声の実況解説を入れるときは、ヘッドセットマイクが必要です。ゲーム実況画面を録画するために、キャプチャーボードに付属するドライバーやソフトをPCにインストールします。あとは、ゲーム実況を録画することにより、配信する録画データのできあがりです。

ゲーム実況する前に知っておくこと

すべてのゲーム実況に共通する注意点があります。ゲーム実況配信する前に確認することは、実況で録画したゲームや、ライブ配信で実況するゲームが、「配信不可」かどうかです。

「配信不可」のゲーム実況を勝手に配信した場合、ガイドライン違反として、視聴者から通報される恐れがあります。

生放送の注意点

ゲーム実況を生放送で配信する際の注意点を紹介しましょう。ゲーム実況は、基本的にゲームソフトメーカーが所有するゲームソフトの内部を勝手に公開していることと同じです。そのためゲームソフトメーカーの許可を得ていなければ、生放送でも視聴者による通報の可能性があります。

本来ならば、ゲームソフトメーカーに問い合わせて、ゲーム攻略のネタバレなどの配信許可をもらうことが必要ですが、無名の個人ゲーマーでは、交渉までたどりつくことがむずかしいでしょう。

解決策としては、PS4のブロードキャストから「シェアする」を使うことにより、生放送でも安心してゲーム実況ができます。PS4から直接、生放送できるため、著作権や配信禁止を気にしないでできる点がメリットです。

ゲーム実況配信のコツ

ゲーム実況を配信する際のコツは、目的意識を持って動画投稿することです。これは、録画したゲーム実況を配信する場合も、生放送でリアルタイム実況する場合にも共通します。目的意識とは、「このゲームに関して」とか、「この攻略法に関して」とか、何か具体的な目的をテーマにして、配信することです。

さらに生放送でも動画投稿でも、テーマにそって継続した定期的な配信が必要となります。目的意識を持った動画投稿を続けていくことが、ゲーム実況の再生回数を増やすコツとなるのです。

まとめ

今回は、ゲーム実況のやり方について、解説してきました。ゲーム実況は、自分のゲーム環境によって、それぞれ方法がちがうことを理解できたと思います。実際にゲーム実況する際は、本記事で紹介した注意点を参考にしてみてください。

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません