【注意】ポコチャの警告から永久垢バンになるまでの注意点を解説!

ポコチャ警告

「ポコチャで警告がきた!どうしたらいいの?」

「違反してないのに垢BANされちゃった!もう使えないの?」

「ポコチャの警告すぐ来る!厳しすぎる!」

意識的ではないのに、警告やペナリティがきたら焦ってしまいますよね。

ポコチャは他アプリと比べると利用規約が厳しいと言われています。

でも、逆にしっかりと規約が定められているからこそ、みんなが安心して利用できるサービスだとも言えるでしょう。

ただ、口コミによると、小さい子供がたまたま映っただけ、少しライバーをいじっただけで警告など、悪意がないのに警告やペナルティを受ける人が多くいます。

今回は、ポコチャの警告とペナルティについて詳しく解説いたします。

この記事を読むことで、警告やペナルティで困っている人は、その解決方法を見つけることができますよ。

ポコチャの警告とペナルティ

Pococha 警告

ライバー・リスナー共に、ポコチャの会員規約やルールに違反が認められた場合は、運営から警告があります。また、その後も改善が見られない場合は、違反の重さに応じたペナルティが適用されてしまいます。

配信中に違反行為があった場合は、配信画面・視聴画面に警告が表示され、配信以外で、コメント・プロフィール・ファミリーなどで違反行為があった場合は、アプリ内の「通知」に警告が表示されるようです。

そんなつもりもないのに、突然警告表示が出たらびっくりしてしまいますよね。

ちなみに、以下のようなものが警告の一例です。全体的に曖昧な警告となっています。

アプリ内通知での警告】

あなたの配信内容について、規約違反を確認しましたのでペナリティ処置を行いました。1日の間機能制限を行います。今後も違反を繰り返す場合は強制退会などの措置を行う場合があります。
視聴中のあなたのコメント内容について規約違反を確認したのでペナルティ処置を行いました。1日の間機能制限を行います。今後も違反を繰り返す場合は強制退会などの措置を行う場合があります。
プロフィールにわいせつな内容の可能性がある投稿が確認されたため、非表示としております。機能制限等のペナルティの対象となる場合もございますのでご注意ください。
プロフィールに他社の権利を侵害する可能性がある投稿が確認されたため非表示としております。機能制限等のペナルティの対象となる場合もございますのでご注意ください 。
コミュニケーションを目的としない利用の可能性があるコメントが確認されました。機能制限等の対象となる場合もございます。ご注意ください。
個人情報の提示、出会い目的での利用の可能性があるコメントが確認されました。機能制限等の対象となる場合もございます。ご注意ください。

配信画面・視聴画面での警告】

コミュニケーションが成立していない・無言・放置・寝落ち・顔が映っていないなど、映像でのパフォーマンスが確認できない配信は強制停止や機能制限の対象になる可能性がございます。ご注意ください。
不慮の事故が起こりうる恐れのある配信(更衣や露出の多い衣装、浴室、トイレ内での配信など)や、わいせつな内容の配信は強制停止や機能制限をする場合がございます。ご注意ください。
Pocochaではアダルト配信は強制停止の対象になります。注意してください。
他社の権利を侵害している可能性がある配信です。配信の強制停止や機能制限をする場合がございます。ご注意ください。

それぞれどの部分の何に対して出されたのか詳細はわかりません。以下のように運営に問い合わせした場合も、何が問題なのか具体的に回答されていないようです。

https://twitter.com/shotapri_syumi/status/1481144520133984256

公式HPでもこのように書かれています。

「著作権」に関するもので、YouTubeの動画を流したり、著作権のある音楽や画像を使ったりした場合もペナルティの対象となります。
引用:Pococha 困ったときは – 機能制限はどうすれば解除できますか

また、事務書所属ライバーが見逃されていると思われる人も多いようですが、公式ページでは「同様に扱っている」と回答されています。

ポコチャで警告が来たらどうなる?

ポコチャ 警告

初犯は基本的にはまず警告がきます。同じ理由で繰り返した場合や初犯でも悪質な場合にペナルティが課されるようです。

警告とペナルティには以下のようなものがあります。

配信停止

こちらはライブ配信中に配信停止される場合です。

違反行為、改善してほしい配信についてはまずは警告がきます。そのまま改善されない場合は、配信停止になります。また、配信されることで他のユーザーが不快になるようであれば、即停止になることもあります。

配信制限なしの配信停止

ライバーがうっかり配信を続けている場合、配信することでアクシデントが起こりそうな時は、即配信停止されます。具体的には、運転中、危険行為、寝落ち、泥酔中などです。

こちらについては、ライバー保護の観点から配信停止を行っているため、配信制限はかかりません。ただし、これらのことも繰り返し行わないよう気をつけましょう。

配信制限付き配信停止

配信中に違反を行い警告しても改善されない場合、配信停止になります。こちらが実行された場合は、一定期間の配信制限がかかります。この制限期間の明確な基準は明らかにされていませんが、違反が多いほど制限期間は長くなるようです。

機能制限

違反行為のある部分について一部機能制限がかかります。

プロフィール・ファミリープロフィール削除

「ユーザー名」「プロフィール画像」「説明文」「リンク先」に違反が見つかった場合、該当箇所が削除されます。

コメント制限

他のユーザーへの誹謗中傷など、コミュニケーションを阻害するコメントを連投した場合、一時的にコメントが制限されます。

アプリ利用制限

上記のような違反が繰り返される場合や、悪質な場合は、ペナルティとして一定期間アプリが利用できなくなります。

利用制限期間は24時間〜無期限まであり、総違反回数で決まります。違反の種類は関係ありません。

垢BAN

違反行為が繰り返され改善されない場合または違反行為が初めてでも悪質な場合は、アカウントが無期限停止になり、コインやダイヤなどが全て没収となります。

無期限停止となった場合はアカウントの復活はできません。他のアカウントで再登録を行った場合も、発覚し次第、無期限利用停止になり、その後は一切ポコチャが利用できなくなります。
参考:Pococha 困ったときは – 違反への対応に関して

なお、公式HPでは、同一端末に複数ユーザーがログインすると、身に覚えのない機能制限になる可能性があると書かれていました。
引用:Pococha 困ったときは – 機能制限はどうすれば解除できますか

ポコチャから警告がきた場合の対処法

では、ポコチャから警告がきたらいったいどうしたらいいのでしょうか?

すぐにアカウントが消されたり、何かペナルティがあるわけでは無いので安心してください

ここからは、警告またはペナルティがきた時の解決方法について解説いたします。

ルールブックを読み改善を試みる

ポコチャのルールブックでは主に以下のようなことが禁止されています。

  • 他のライバー・リスナーを不快にするおそれのあること
  • 犯罪行為・違法行為や社会のルールに反すること
  • 危険なこと(危険行為・運転中・暴力行為などの配信)
  • ルールに沿わない未成年の利用
  • 営利目的での利用

まずは、ルールブックをしっかりと読み、自身の行動と照らし合わせ、改善を試みることが大事です。

プロフィール画像については、わいせつな目的ではなくても厳しい規制があるようです。

運営に問い合わせる

期間制限の場合は待っていると回復しますが、意味がわからないまま制限されるのも納得いかないですよね。また、わからないままでは次も同じことが起こるかもしれません。

さらに、繰り返すと無期限利用停止になるということなので、復活するからと放置しておくのは心配です。

基本的には警告内容について詳細は教えてもらえないことになっていますが、ダメ元でも運営に問い合わせてみるのが良いでしょう。

垢BANしてしまったら

垢BANしてしまった時は、基本的には無期限でポコチャは使えなくなります。。

しかし、Yahoo!知恵袋では、端末認証でBANされている可能性が高く、同じ端末では使えなくなるというコメントがありました。つまり、別端末で登録または端末を初期化して登録すると使えるようになる可能性があるということです。

参考:pocochaという動画配信アプリで垢BANされました。 -… – Yahoo!知恵袋

こちらは、もちろん正式発表ではないので確実ではありませんが、試してみても良いかもしれませんね。ただし、くれぐれも不正利用はしないようにしましょう。

ポコチャの警告は通報からの発覚が多い

Pococha 通報

運営側は、常に配信をパトロールしているわけではありません。多くの場合、警告はライバーやリスナーからの通報によるものです。

もちろん通報されたからといって、すぐに警告が来るわけではなく、配信や行動をチェックし、調査した上での対応となります。

ルールを守ってライバー・リスナー双方が快適に過ごせるようにしよう!

今回は、ポコチャの警告やペナルティについての解説とその解決方法についてご紹介いたしました。

ポコチャの利用規約は厳しいので、自分では大丈夫だと思っていても意外なところが規約違反になっている場合もあります。

ルールブックは長いため読むのは大変ですが、ポコチャを長く楽しむためにも、これを機会に一度じっくりと読んでみてくださいね。

ルールブックを読んでもどうしても納得できない場合は、一度運営に問い合わせしてみましょう。

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料


\悪徳ライバー事務所にひっかからない!/
ライバー事務所選びをサポートしてほしい方は、「ライバーリサーチ」がオススメ!
独自の審査基準で、悪徳ライバー事務所に引っかからない!
優良ライバー事務所が見つかります。


error: コピーできません