ピカピカの配信で稼ぐには?投げ銭をもらいたい!効果的な7つのポイント!

ピカピカ 稼ぐ

ピカピカの配信で稼ぐにはどうしたらいい?

ピカピカは、リスナーもライバーもまだまだ少ないライブ配信サービスです。

利用人数が少ないため、ライバーとリスナーの距離がとても近い印象があります。

リスナーの分母が小さい分稼ぎにくい部分もありますが、逆に言うと他の人気配信サービスよりもトップライバーになれる可能性が高いかもしれませんね。

それでは、ピカピカではどのように稼ぐのが正解なのでしょうか?

今回は、ピカピカの配信で稼ぐためのポイントを7つご紹介します。

この記事を読んで正しく実行すれば、ピカピカの配信でどんどんファンが増え、たくさんの投げ銭がもらえるようになるのも夢ではありません。

ピカピカ・音声コミュニティ - 音声ライブ配信アプリ

ピカピカ・音声コミュニティ – 音声ライブ配信アプリ

Yumenohikari Co.,Ltd無料

ピカピカの配信で稼ぐための7つのポイント

早速ですが、ピカピカの配信で稼ぐために効果的な方法はあるのでしょうか?

ご存じの通り、配信で大きく稼ぐには自分のファンを作らなければなりません。

ファンを増やすには具体的にどうしたら良いのか、7つのポイントをご紹介します。

  • 毎日同じ時間に配信
  • リスナーとのコミュニケーションを大事に
  • キャラクター作り
  • 他の配信者とのコラボ
  • 他の配信サービスでもマルチで配信
  • SNSを利用
  • 契約配信者になる

毎日同じ時間に配信

どのサービスの配信も同じですが、同じ時間に毎日配信することが望ましいです。

安定して配信することで、ファンが「いつもの配信」を楽しみに思ってくれます。

せっかくあなたの配信をファンが見にきてくれても、お休みしてしまうと、リスナーはその間に熱が冷めて他のライバーを見に行ってしまい、帰ってこないかもしれません。

そのため、不定期配信では、リスナーが継続して見てくれることは難しく、結果的に通りすがりのリスナーしか見てくれないという可能性が高いでしょう。

ピカピカのライブ配信で稼ぐには、固定のコアなファンを増やすことが大事です。

リスナーとのコミュニケーションを大事に

見にきてくれたリスナーさんに敬意を払いましょう。

挨拶はもちろん、自分ばかりが話すのではなくファンに話を振ったり、ファンと話したことをメモして覚えておくと、喜ばれます。

ピカピカには「コール」や「問答」というリスナーさんと直接コミュニケーションを取れる機能や、「Let’s!早押しソング」などリスナーさんと一緒に盛り上がることができる機能などがあります。

これらの機能を使って、リスナーさんとの距離を縮めるのも有効な方法です。

キャラクター設定を明確に

ライバーとしてわかりやすいキャラクター設定をすることが大切です。

見た目も大事なので、魅力的なアバターを作り、初見でもわかりやすいキャラ作りを心がけましょう。

可愛い系、イケメン風、穏やか、元気、など、一貫性のあるキャラの方が、リスナーも安心して楽しむことができます。

アバターの見た目と同じようなキャラ、または正反対のキャラが良いですね。

同じなら親しみが増し、正反対ならギャップを狙うことができます。

あなただけのウリを意識してキャラ設定し、ファンを離さないコンテンツを作りましょう。

他の配信者とのコラ

他の配信者さんとコラボ配信を積極的に行いましょう。

中でも「PK」というアプリゲームを楽しむ機能はおすすめです。

PKは、ライバー対ライバーの対決だけではなく、ルーム対ルームで対決できるので、一体感があり盛り上がります。

人気のあるライバーさんとのコラボができれば、そのライバーさんのリスナーがファンになってくれる可能性もあります。

他の配信サービスでもマルチで配信

冒頭でもお話ししましたが、ピカピカはまだまだ認知度の低いサービスです。

実際、リスナー自体が少なく、ピカピカだけで大きく稼ぐのは難しいかもしれません。

そのため、配信と同時にアーカイブを、YouTubeなど視聴者がたくさんいる他の配信サービスに投稿していくと、ライバーとしての認知度も高くなります。

他の配信サービスでファンになってくれた人が、ピカピカでもファンになってくれる可能性は高いです。

SNSを利用

同様に、同時にSNSでもどんどん発信をしていった方が良いですね。

利用者がたくさんいるということは、それだけ人の目に触れる機会が多いということ。

流れてしまうTwitterのメッセージも、誰かが何気なく見てくれる機会は、ピカピカで配信を見る確率よりも格段に高いです。

契約配信者になる

ある程度のファンがついてきてからになりますが、ピカピカには「契約配信者」という肩書きがあります。

条件を達成し、申請して合格すると契約配信者になることができます。

契約配信者になると、様々なボーナスをもらえたり、露出が増えたりして稼ぎやすくなるようです。

契約配信者の特

契約配信者の特典は以下の通りです。

  • ダイヤ10万を達成するとボーナスがもらえる
  • ダイヤ収入が高ければ高いほどボーナス比率がUPする
  • 「おすすめライバー」へ掲載されやすくなる

おすすめライバーとして掲載されると、一気にリスナーが増えそうですね。でも、まずは契約配信者になるための条件をクリアしなくてはなりません。

契約配信者になる条件は?

以下のような条件を満たしたら自分で申請し、運営で審査され合格すると契約配信者になることができます。

こちらは公式サイトから引用したものです。

「ピカピカと一緒に成長していきたい方!

歌、演技、声真似、ASMR、お笑い、悩み相談、占いなど得意な方

先月/当月のダイヤ収入が20万ダイヤ以上の方」

条件を満たし、申請してから7日ほどで合否が確定します。

毎月一回何度でも応募可能です。応募して損はないので、条件を満たしていたら何度でも挑戦してみましょう。

詳しい条件や禁止事項はこちらです。

引用:契約配信者になろう

ピカピカの投げ銭の換金率と換金条件

気になる投げ銭の換金率ですが、小豆とダイヤのレートが関わっていて、少しややこしいです。

結論からいうと、リスナーからもらう投げ銭のライバーの取り分は21%です。

ライバーの収益の仕組みを載せておきます。

まずは、リスナーが小豆(小豆120=現金420円)を購入します。 ※1小豆3.5円換算

リスナーが小豆でギフトを購入します。

ライバーがギフトを受け取ると1小豆=1ダイヤに変換されます。

受け取ったダイヤの20%が収入となり、運営が70%を取り、ライバーは30%もらえます。

100×20%(0.2)×30%(0.3)=6%

つまり、ダイヤ6%分がライバーの取り分になります。

1小豆=1ダイヤで、1小豆は3.5円なので現金換算では以下の通り。

6%×3.5=21%

つまり、ライバーの投げ銭の現金換金率は21%になります。

また、換金条件の最低金額は2,000円となっているので、2,000円以下では引き出すことができません。

ピカピカで稼いでいる上位のライバーは1ヶ月30〜150万円以上

それでは、実際ピカピカで稼いでいるライバーはどのくらいの収入があるのでしょうか?

収入は公開されていないので推測になりますが、上位のライバーは少なくとも1ヶ月30万円〜150万円ほどだと考えられます。

ピカピカでは、ダイヤ獲得ランキングが発表されているため、その獲得ダイヤ数から収入金額を算出しています。(ダイヤ獲得数×6%)

この配信で稼いだダイヤに、契約配信者ボーナス、音声や動画投稿でのギフティングやその他の収入を加えたものがライバーの総収入になるので、かなりの金額になりそうですね。

ピカピカの配信以外での稼ぎ方もある

ピカピカでは、ライブ配信の投げ銭以外でも稼ぐ方法はたくさんあります。

様々な機能の中で比較的稼ぎやすいものが「有料ルーム」と「有料コール」です。

ファンがついてきたら、このような有料機能を設定して、利益につなげるのも良いでしょう。

有料ルーム

ライバーは有料でアーカイブを残すことができます。

有料ルームの料金はライバーが設定することができ、そのままライバーの収入になります。

確認してみたところ、小豆500〜5,000で設定してある有料ルームがありました。

有料コール

ピカピカ配信中にリスナーとライバーで電話(コール)することができます。

この時に、ライバーが有料コールで接続するとダイヤがもらえます。

ピカピカの配信で稼ぐことは可能!ライバルが少ない今がチャンス!

いかがでしたでしょうか?

今回は、ピカピカの配信で稼ぐポイントについてご紹介しました。

配信で稼ぐためのポイントは以下の7つ。

  • 毎日同じ時間に配信
  • リスナーとのコミュニケーションを大事に
  • キャラクター作り
  • 他の配信者とのコラボ
  • 他の配信サービスでもマルチで配信
  • SNSを利用
  • 契約配信者になる

いろいろなポイントがありますが、最後の「契約配信者になる」以外は、全てリスナーファーストであることがわかります。

つまり、リスナーがあなたの配信を見つけやすく、使いやすく、継続して楽しんでもらえるコンテンツ作りをすることが一番です。

ライバーは常にリスナーのことを考え、お互いWINWINな関係でいられることが、成功の秘訣ではないでしょうか?

ピカピカ・音声コミュニティ - 音声ライブ配信アプリ

ピカピカ・音声コミュニティ – 音声ライブ配信アプリ

Yumenohikari Co.,Ltd無料

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません