BIGOLIVE(ビゴライブ)とは?特徴から稼ぎ方まで解説します!

bigolive ビゴライブ

Twitter広告などでもよく聞くビゴライブ。気になっている方も多いのではないでしょうか?
しかしライブ配信を利用したことがない方にとっては分からない事がたくさんありますよね。

・ビゴライブってどんなアプリ?
・あやしいアプリなのでは?心配
・本当に稼げるの?
など本記事ではさまざまな疑問について、詳しく解説していきます!

ビゴライブは誰でも簡単に、スマホ1つで配信、視聴ができます。
更に無料でも楽しめる機能もあります。ぜひご一読を!

ビゴライブとはどんなアプリ?

ビゴライブはシンガポールの「BIGO Technology Pte.Ltd」が2014年に開発したライブ配信アプリです。
ユーザー登録者数は東南アジア圏を中心に世界中で約3億人です。
ライブ配信アプリではNo.1の登録者数です。

ビゴライブ独自の配信システムや、コンテンツがあり、無料でも十分楽しめます。
配信者(ライバー)は10代から20代が最も多く女性が7割を占めます。
日本の雑誌でもビゴライブ特集が組まれるほか、日本の有名芸能人も多くライブ配信を行っています。

ビゴライブの特徴

ビゴライブ独自の機能もあり、他の配信アプリとは一味違った配信・視聴が楽しめます。そんな独自機能のご紹介していきます。

オフラインイベントの開催

ライブ配信だけではなく、実際にリアルで会えるイベントを開催し、直接ファンとの交流も行われています。

名声メダルシステム

名声メダルとは、称号のことです。一定の条件をクリアすることでもらえます。
名声メダルは全部で6段階あり、パフォーマンスによってランクが上がります

ファミリー制度

他のユーザーよりも親密にコミュニケーションを取れる制度のことです。
芸能人のファンクラブに入るようなイメージになります。
ファミリー制度は1人のライバーのファミリーにしか加入できません

ファンクラブ制度

自分にギフトをくれた人を招待できる制度のことです。
ファミリー制度よりも気軽にコミュニケーションが取れます
ファンクラブ制度は、複数のライバーのファンクラブに入ることができます。
特典やファンクラブ対抗のイベントがあります。

Google翻訳

ビゴライブはGoogle翻訳が使えます。
他のライブ配信サイトとは異なり、課金なしで常時使用できるのが嬉しいポイントです。
外国のユーザーとも気兼ねなくコミュニケーションが取れるので、世界へ向けて発信しやすくなりますね。

ビゴライブの配信種類5選

ビゴライブの配信コンテンツの種類は全部で5種類あります。

通常配信

ライバーと呼ばれる配信者と多数の視聴者で構成される配信方法です。
ライバーは顔出しで配信し、視聴者はチャットでライバーと直接コミュニケ―ションが取れます。
配信内容は、歌やダンス・音楽配信や雑談系などさまざまなジャンルがあります。
好きなジャンルの配信内容から好きなライバーさんを見つけて応援するのも楽しみ方の1つです。

マルチゲスト配信

コラボ配信を行えるコミュニティ配信の事で、ビゴライブ独自の配信コンテンツです。
4・6・9人部屋と決められた人数から3つの部屋を選び、ユーザー同士の配信が可能です。
マルチゲスト配信のライバーは1人ではなく、他のライバーの参加もできます。
あえて少人数で配信することで、特別感のある配信が行えるのが魅力♪
部屋の定員数まで集まらなくでも、配信が可能です。

PK配信

PK配信は、ライバー同士で戦う配信のことです。
勝敗は
・ファンからのギフトやハートの獲得数
・どのくらい盛り上げたか
で決まります。
視聴者はお気に入りのライバーをリアルタイムで応援できるため、かなり盛り上がります!
PK配信は多くのリスナーに見てもらえる上、1度にたくさんのギフトをもらえるチャンスがあります!

ラジオ配信機能

顔出しをせずに音声のみの配信スタイルです。
顔出しに抵抗がある人は「ラジオ配信機能」がオススメです。
1度に視聴できる人数は最大8人までとなります。

ゲーム配信

ゲーム配信とは、ライバーが、ゲームをしている様子を配信する方法です。
リアルタイムで配信できるのが特徴です。
視聴者はまるでライバーと一緒にゲームをしているような臨場感を楽しめます。
他の配信スタイルとは異なり、言葉が通じなくても配信を見て楽しめるため、外国の人へ向けて配信が可能です。
言語関係なく楽しめるので、ゲーム配信は人気の高い配信スタイルです。

ビゴライブは無料で楽しめる?課金のメリット

ビゴライブは基本的に無料で視聴が可能です。
しかしお気に入りのライバーを応援するなら、ギフトアイテムをプレゼントするのがオススメです。ギフトアイテムをプレゼントするためには課金が必要になります。

課金のメリット

課金メリットは、
1.ライバーを直接応援できる
2.ライバーに認識してもらいやすくなる

ギフトをプレゼントしてお気に入りのライバーさんを応援すれば、何倍もビゴライブを楽しむことが出来ます。

ビゴライブの課金方法2選

ギフトアイテムを購入するには、「ダイヤ」を購入する必要があります。
購入した「ダイヤ」を使ってギフトをプレゼントする仕組みになっています。

「ダイヤ」の購入方法は2つ
①appstore・playストアから課金する
ビゴライブアプリ内で課金ができます。

②bigopayから課金する
こちらは公式サイトからの購入になります。
bigopayから購入すると、通常の購入に比べて3/2の金額で購入できます。
ライバーに多くのギフトをプレゼントするならbigopayでの購入がオススメです!

bigopayの支払い方法は3通り
・クレジットカード
・デビットカード
・PayPal

ビゴライブでは収益化も簡単♪収益を上げるコツもご紹介

ビゴライブでの収益は基本的には視聴者からの「投げ銭」になります。

投げ銭から換金の流れ

①視聴者が現金をダイヤにする(課金)
②ダイヤをギフトにする
③ライバーにギフトをプレゼントする
④ライバーはもらったギフト(ビーンズ)を現金に換金する

ビゴライブの収益をあげるコツ

ビゴライブは他のライブ配信に比べて日本人のライバーが少ないため、ファンを増やせる可能性が非常に高く、稼ぎやすいアプリです!

①毎日配信する
なるべく毎日決まった時間帯に配信を心掛けましょう。
毎日決まった時間帯に配信することで、
・視聴しやすい
・早く配信を覚えてもらえる
などのメリットがあります。
決まった時間に配信するほか、視聴者からのコメントにもどんどん反応して視聴者の顔を覚えるようにすると、応援してもらいやすくなります

②外国のユーザーを意識する
ビゴライブは外国のユーザーが多いため、外国のユーザーを意識した配信をしましょう。
・歌
・ダンス
・ゲーム配信
など言語関係なく、見て楽しめる配信が特にオススメです。

換金するときの注意点3つ

ビーンズを換金する際の注意点が3つあります。

ドルに換金される

1つ目の注意点は「ドルに換金されること」です。
ビゴライブは換金時にドルに換金されるため、為替レートに注意が必要
換金前に為替レートを把握し、日本円レートが高いタイミングで換金することをオススメします。

下限額・上限額がある

下限額・上限額が設定されています。
換金する際には最低6,700ビーンズが必要です。
また、1回で換金できるビーンズ数は1,050,000ビーンズになります。

換金率に注意

換金率に注意が必要です。
換金率は正式には発表されていませんが、ビゴライブの換金率は約13%~50%と言われています。
他のライブ配信アプリに比べて、稼ぎやすいアプリでありますが換金するときには換金率のことも頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はビゴライブについて解説してきました。
ビゴライブ独自の配信方法やGoogle翻訳が使用できるなど、外国の人とのコミュニケーションに困らないシステムがありました。
日本の雑誌でも特集が組まれ、有名芸能人も配信していることから、安全に利用できるアプリといえます。
まだ日本人のユーザーが比較的少ないため、ファンを増やしやすい点も魅力的です。
登録者数No1を誇る「ビゴライブ」ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか?

ライブ配信おすすめのアプリ

最初は、顔出しをするライブ配信に抵抗を覚える人も多いと思います。そこで、顔出しをせずに有名になれたり、稼げるライブ配信アプリをご紹介します!

1.ハクナライブ

ラジオ配信者が8割以上!顔出しに抵抗がある人にとって、スタートしやすい配信アプリです。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ
開発元:MOVEFAST Company, K.K.
無料

2.spoon

テレビやメディアで話題沸騰中のアプリ。こちらも声がメインのライブ配信なので、プライバシーが守られ、安心安全に配信が出来ます。イケボ多め!

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信
開発元:Spoon Radio
無料
【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません