IRIAM(イリアム)のキャラの作り方11選!イラストが描けなくても大丈夫!

イリアム キャラ作り方

IRIAM(イリアム)は自分のイラストを動かして「キャラクター」になってライブ配信ができるアプリです。

しかし、中には

「IRIAM(イリアム)のキャラ作るのって難しそう」

「イラスト描けないから無理」

「専門知識がいるんじゃない?」

そういった声をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、IRIAM(イリアム)では、初心者でも簡単にキャラの作成ができるんです。

もちろんイラストが描けなくても大丈夫!専門的な知識は全く必要ありません。

今回は、IRIAM(イリアム)のキャラの作り方について解説します。

この記事を読めば、初心者でもIRIAM(イリアム)のキャラを簡単に作ることができるようになります。

また、今日にでもあなたのキャラでライブ配信をすることができますので、見てみてください。

IRIAM(イリアム)配信までの流れ

IRIAM(イリアム)では、イラスト一枚あれば、AI技術により自動でアバターを作ることができます。早ければ3分で、誰でも簡単にキャラ配信ができます。

気になる手順は以下の通りです。

  1. IRIAM(イリアム)のアプリをインストールする
  2. IRIAM(イリアム)キャラのイラストの用意をする
  3. イラストをアップロードして配信する

以上で配信が完了するので、本当に簡単ですよね。

また、IRIAM(イリアム)のキャラ作成で必要なものはスマホ一台と、イラスト一枚あれば大丈夫です。

編集ソフトとかいるんじゃないの?と思っていた方も安心ですね。

イラストさえ用意すれば、あとはIRIAM(イリアム)のAIが自動的にアニメーションを作成してくれるため、面倒な作業は一切ありません。

では、その詳しい手順について解説いたします。

 

IRIAM(イリアム)のアプリをインストールする

すでにDL済みかもしれませんが、念の為紹介させていただきますね。

こちらからIRIAM(イリアム)のアプリをダウンロードします。

IRIAM(イリアム) - キャラクターのライブ配信アプリ

IRIAM(イリアム) – キャラクターのライブ配信アプリ

IRIAM Inc.無料

 

IRIAM(イリアム)キャラのイラストの用意をする

次にイラストを用意します。

イラストの用意方法は以下の3パターンあります。

・イラストを描く

・イラストを描いてもらう

・イラストを作る

順に解説していきます。

イラストを描く

AIに認識してもらうために、IRIAM(イリアム)の配信に適したイラストを描く必要があります。

配信に適したイラストは、以下のようなものです。

・全身推奨(バストアップでも動作可能)
・正面
・顔は中央
・ポーズは控えめ
・背景は透過
・余白をつけすぎない

基本的には各パーツが独立して、「はっきり」「くっきり」「シンプル」なイラストが読み込みやすいようです。メガネやサングラスなどアクセサリーが顔にあるとエラーが出やすくなります。

配信に適したものでなくてもアップロードできる場合もあるので、とりあえずアップして試してみても良いかもしれません。

また、イラストの推奨データは下記の通りです。

推奨サイズ 推奨解像度 上限ファイルサイズ 推奨入稿形式
縦:2000px〜4000px

 

横:1000px〜2000px

350dpi 20MB png

 

(背景を透過したキャラのみの画像)

あくまでも「推奨」なので、ファイルサイズ以外は、絶対にこの数値におさめないと読み込めないわけではありません。

こちらのデータを意識して描くと読み込みエラーになりにくく、配信の時にも画像が綺麗に見えます。

イラストを描いてもらう

自分で描けなくても大丈夫!イラストは描ける人に描いてもらいましょう。

ここからは、イラストを描いてもらう方法をご紹介します。

絵師さんに依頼する

絵師さんに依頼すると、あなただけのオリジナルキャラを作ることができます。

・SKIMA

イラストオーダーサービス【SKIMA】コミッション

・ココナラ

coconala.com

どちらのサービスも無料で登録できます。

気になるお値段を調べてみましたが、特にどちらかが高かったり安かったりはしませんでした。

確認時は「全身イラスト」では、4000円というものが最安の値段でした。

金額は絵師さんごとにピンキリで、8000〜15000円程度の料金幅がある印象です。

イラストの種類は豊富でたくさん掲載されているので、きっとお気に入りの絵師さんが見つかるはずです。

他のサービスだと、クラウドソーシングもおすすめです。

・クラウドワークス

https://crowdworks.jp

・ランサーズ

https://www.lancers.jp

「クラウドワークス」や「ランサーズ」などではイラストを発注し、依頼することができます。

これらのサービスへの登録は無料です。

イラストを発注する場合は、自分で値段を設定し、絵師さんが応募してきたら採用し交渉成立。イラストを描いてもらえます。

・Twitter

https://twitter.com

同じようにTwitterなどのSNSでイラストを依頼することができます。また、逆に「魂募集」などで検索すると、練習のために無料でイラストを提供している絵師さんを見つけることができます。

クラウドソーシングやSNSでは、駆け出し中の初心者さんも多いので、低価格や無料でイラストを手に入れられる可能性もあります。ただ、当たり外れもあるかもしれません。

期日通りに良いクオリティで制作してほしい場合は、ココナラやSKIMAで頼むのが良いでしょう。

また、描いてもらう時に、IRIAM(イリアム)での配信に適した条件や推奨データなどを伝えておくと、出来上がったものをすぐにIRIAM(イリアム)で使えるのでオススメです。

▼下記ページを絵師さんにお送りすると分かりやすくて良いです。
「IRIAM配信用」イラスト制作ガイド Ver.2

フリー素材を利用する

フリー素材サイトを利用してイラストを手に入れることができます。

下記にご紹介するサイトは「商用利用OK」のサイトです。

商用ではなく配信のみで利用するつもりでも、IRIAM(イリアム)には投げ銭機能があるので、「商用利用」の扱いになります。気をつけましょう。

・とくだ屋

http://ranuking.ko-me.com/

・らぬきの立ち絵保管庫

http://ranuking.ko-me.com/

・わたおきば

https://wataokiba.net/

・sasanoha

https://magoya0520.wixsite.com/mysite/item

こちらは誰でも利用できるサイトのフリー素材なので、他の誰かと被ってしまう可能性もあります。

イラストを作る

無料で使えるイラストメーカーで作る方法があります。

下記のサイトは商用利用OKのイラストメーカーサイトですが、利用する際にはリアルタイムで利用規約を確認することをおすすめします。

・カスタムキャスト

https://customcast.jp

・CHARAT

https://charat.me/mono

イラストメーカーなら、半オリジナルのイラストを作ることができます。イラストが描けなくても、愛着あるキャラを自分で作ることができますね。

イラストをアップロードして配信する

イラストが準備できたら、いよいよIRIAM(イリアム)にアップロードして配信します。

アップロードの手順は以下の通りです。

  1. アプリを開いてライブボタンを押す
  2. イラストをアップロードする
  3. プロフィール画像やキャラ名を設定する
  4. キャラの表情やカメラによる顔認識の感度調整を行う
  5. タイトルを入力して配信スタート

アップロードが完了したら、「目」と「口」を動かすことができるようになります。

残念ながら、手を動かしたり、踊ったりということはできません。

目と口だけでも、豊かな表情は作れるので、リスナーさんとのコミュニケーションは十分にとることができます。

IRIAM(イリアム)キャラは初心者でも簡単に作ることができる!

いかがでしたか?

難しそうなアニメーションキャラの配信ですが、IRIAM(イリアム)なら、スマホとイラスト1枚だけで誰でも簡単に作ることができます。

IRIAM(イリアム)では、アップロードすればAIが自動的にアニメーションを作ってくれますが、イラストによっては読み込みにくいこともあるようです。

公式サイトの配信に適したイラストや推奨データを参考に、ベストなキャラを作ってみてくださいね。

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません