動画編集で稼ぐには?月5万円で必要なスキルと月100万円稼げるスキルを比較!

動画編集 稼ぐ

副業として動画編集を行う人が増えてきました。背景にはYouTubeのブームがあります。YouTubeは動画のプラットフォームの為、動画編集のスキルが必須です。YouTubeに投稿する人が動画編集もするパターンはありますが、動画編集を外注するパターンも多い為、動画編集のしごとが活況となっています。

今回は、動画編集について「月5万円」の副業から「月100万円」の本業タイプ別に、必要なスキルを解説します。

動画編集で「月5万円」稼ぐには?

では、副業として動画編集で稼ぎたい方が必要な能力や仕事の受注先を紹介していきます。

1つの動画編集の金額は低価格相場で5,000円〜10,000円ほどです。そうなると、月に5本〜10本の動画編集で「月5万円」は達成出来ます。

必要な能力は高くない

5万円を稼ぐのに必要な能力は、そこまで高くありません。編集能力として最低限必要な「テロップ、BGM、効果音挿入、動画カット」を覚えれば問題なく案件は取りやすいです。

テロップや動画カットはYouTube動画では必須です。まずは、Premiere Proなどを使用して動画編集の基礎技術を磨けば問題ありません

仕事の受注先は広い

YouTubeで動画をアップする人が多いほど、動画編集の仕事は増えています。5,000円〜1万円で案件を受注する場合、受注先はかなり広いです。

アウトソーシングのサイトとして有名なココナラクラウドワークスで、動画編集欄を見てみてください。月に10件以上受注している人が多くいます。



また、動画編集を依頼する人たちは、動画編集者を選ぶ際に見るポイントがあります。それがポートフォリオです。ポートフォリオは「動画編集をした実績動画」です。このポートフォリオがあると説得力が増すので、ポートフォリオを用意することをおすすめします。

ご自身で撮影したものを編集するか、ポートフォリオへの公開OKをもらう代わりに格安で動画編集を受注するとすぐポートフォリオは溜まります。是非行ってみてください。

動画編集で「月100万円」稼ぐには?

動画編集で月100万円を稼いでいる強者もいます。もし、目指している場合、月5万円のときと同様の編集単価では大変です。1動画5,000円で受注する場合、200動画作らなければいけないからです。

現実的には、1動画の編集を5万円〜10万円の金額で受注するのが良いです。そのために必要なスキルをお伝えします。

動画編集以外のスキルも必要

動画編集は極論「テロップ、BGM、効果音挿入、動画カット」を行う人です。しかし、この基礎的な部分だけで差別化は難しいです。「効果音の出し方や選び方が他より優れてます!」といっても、なかなか高額を払う納得材料にはならないからです。

しかし、「デザイナーが動画編集をすることによって美しい動画に仕上がります!」だとイメージが湧きやすく、他の動画編集者と差別化することができます。そのため、動画編集以外のスキルがあると強みになるということです。

動画編集×〇〇スキルで重宝される

では、動画編集と相性が良いスキルを3つご紹介します。もし、ご自身がすでに持っている場合は強みになるので活かしてみてください。スキルを持っていない場合、最初は基礎の「月5万円」を稼ぐことを目標にしつつ、更に強化していく為の材料としてお役立てください。

動画編集×デザイナー

デザイナーは、動画を見る視聴者に対して見やすい動画演出や、設計を手掛けることに長けています。基本的な動画編集者が持っていないクリエイティブさがあるので重宝されます。

動画編集×ディレクション

ディレクションとは、撮影をするにあたっての指導や演出を考える人のことです。例えば、照明の向きや明るさだけでも、動画の出来栄えは変わります。「100万回見られる動画の撮影から指導出来ます!」と言うだけでも差別化出来るでしょう。

動画編集×世界観

世界観は、自分にしか表現出来ないものを指します。例えば、極彩色の世界観で有名な蜷川実花さんです。世界観が統一されていて、どんな作品を見ても蜷川実花さん風と分かる作品が多いです。蜷川実花さんほど有名で無い方でも、世界観を持って仕事を受ける人は多いです。

このように、自分だけしか作れない世界観を持っておくのもPR効果が高くて良いです。しかし、すぐには作れないと思うのでまずは「自分の型」を作る気持ちで取り組むのが良いでしょう。

仕事の受注先は個人よりも企業

仕事の受注先は、クラウドワークスやココナラのような対個人が多い場所ではなく、企業案件として受注することになります。なぜなら単価が高単価の為です。

そのため、事前に高クオリティのポートフォリオを用意し、動画編集が必要そうな企業にお問い合わせ欄からメッセージを送るのが良いでしょう。

まとめ

今回は副業〜本業まで、動画編集で必要なスキルを解説しました。動画編集未経験の方は、まずは「月5万円」を目指して基礎を徹底するのが良いでしょう。ハードルはそこまで高くは無いので、継続力があれば可能です。「月100万円」をいくには、他スキルを磨く必要があり、また営業先も企業となるので、ハードルが高いですが方法はあります。基礎をマスターしたら、付随するスキルも磨いていくとご自身の動画編集価値が上がるので、ぜひ挑戦してみてください。

 



【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません