【ライバーが喜ぶ】17LIVE(ワンセブンライブ)の定期コメント5選!

17live定期

17LIVEでは、挨拶などのコメントを、リスナーがライバーの代わりに送る文化があります。

それが「定期」と言われるものです。

では、その定期コメントにはどんなパターンや用途があるかご存知でしょうか?

実は挨拶だけではなく、定期文には様々な用途があります。

今回は定期文の意味も解説しながら、ライバーが喜ぶ定期コメント5選を解説します。

定期を送る人の決まりはある?

視聴者全員が定期を送っているワケでは無いので、少なくとも17LIVEコミュニティ内では、定期を送る人は限られています。

ライバーによっては、定期担当リスナーを指名している人もいますし、ガーディアンやアーミーのように、リスナーの中でも特別枠のリスナーのみが担当しているケースが多いようです。

ガーディアンは7日間限定でなれるライバーの守護騎士ポジション。ライバーの配信枠にガーディアンは1名しかいないので貴重な存在です。アーミーは月額制のファンクラブのような仕組みで、誰でも何人でもなれます。階級はあるものの、アーミー限定のギフトやコメントバッチなどがついてきます。

ただし、新人ライバーのように、まだガーディアンもアーミーもいない状態の場合は、定期コメントを率先してやった方がライバーに喜ばれます

17ライバーが喜ぶ定期コメント

定期コメントはどんな時に送るのが良くて、どんな意図があるかを紹介していきます。

あいさつ定期

あいさつ定期とは、誰かが新しく配信枠に来た時に使用する定期文です。

新しく配信枠に来た人は、コメント欄に「いいね!」を押したり「〇〇が遊びにきたよ!」などのコメントが表示されるので、その方に向けて

「いらっしゃい!ゆっくりしていってね(*^^*)」など一言コメントを送ることをあいさつ定期と言います。

凝ったデコレーションは必要なく、気軽に話しかける感じで大丈夫です。

あいさつ定期の効果①

ライバーは常にコメントを読み上げているので、全てのコメントを読んで話し終えるまでに時間がかかります。そのため、新しくリスナーが来たことに気づくのが遅れることがあります。

気づいたときには、時すでに遅し。そのリスナーが去ってしまっていることもあります。

そんな時に、出来るだけ配信枠に居続けてもらう為にも、あいさつ定期は大事と言えます。

あいさつ定期の効果②

色んな人がコメントしている配信枠で、新しく見に来たリスナーがコメントすることは少し勇気がいります。

そんな時に「ゆっくりしていってね!」「気軽にコメントしてね!」などあいさつをしてもらえると、気持ち的に安心感を抱きます。新しく来たリスナーのファーストコンタクトとしてあいさつ定期は必要だと言えます。

自己紹介定期

自己紹介定期は、ライバーの代わりにライバーの紹介文章をコメントすることです。

基本的には

    名前(ニックネーム)
    何をやっている人か?どんな人か?(例 おちゃめなライバー)
    趣味(例 スノーボード)
    配信のスローガン(例 おやすみ前の皆んなに癒やしを届ける)

の内容を入れます。

自己紹介の定期例
おちゃめなライバー〇〇です☆
趣味→スノーボード☆
おやすみ前の皆んなに癒やしを届ける配信をしています☆
気軽にコメントくださいな☆
*星マークは可愛い顔文字や絵文字を入れると良いです。

主に新規のリスナーが来たり、リスナーが増えたと思ったタイミングで自己紹介の定期を送ります。

自己紹介定期の効果①

新規のリスナーは「このライバーが一体何者なのか?」を知らずにライバーの配信枠に来ることが多いです。そんな時に何者なのかが分からない時間が長いと、新規のリスナーもなかなか居続けてくれません。

そのため、新規のリスナーが興味を持ってくれるように、すぐさま自己紹介定期を送ると、新規リスナーの滞在率が伸びる効果が期待できます。是非やってみましょう。

自己紹介定期の効果②

自己紹介定期があると、ライバー自身が自己紹介しやすくなります。

ライバーは、皆んなと楽しくコメントをしていると、うっかり新規リスナーへ自己紹介することを忘れてしまうときがあります。

そんなときに自己紹介定期があると「あ、今自己紹介するタイミングなんだ!」と理解してライバーも自己紹介スイッチが入ります。

新しく来たリスナーにとっては、やはりライバー自身から自己紹介されるのが一番うれしいので、それに気づけるのも、自己紹介定期の効果があると言えます。

フォローして定期

フォローして定期とは、配信枠にいるリスナーに向けて「このライバーをフォローしてね」と促す行為になります。

これは効果もありますが、少しテクニックが必要になっています。

なぜなら、配信に来たばっかりの新規リスナーに、フォローして定期を送るとあまり印象が良くないからです。

ある程度ライバーに好感が持てたタイミングでひと押しする。そのための定期になります。

ライバーにとっては、フォロワーが増えるのでとても嬉しいひと押しです。

フォローして定期の効果

「この子めっちゃ好感だ!また絶対見にいこう!」と思ってフォローしてくれるのが理想ですが、全員がそうではありません。

ちょっとコミュニケーションをとって、なんとなく「楽しいなぁ」と思っているだけの人が多くいます。そんなリスナーにとっては「フォローする」というのがあまり頭にない可能性があります。

そんな時に「良かったらフォローしてね」と定期を送ると「あ、そうだな、一応フォローしておこう」と思うきっかけになります。

そして、そんな何気ないフォローがきっかけで、ずっとファンでいてくれる人は多くいます。フォローして定期のひと押しは絶大です。

イベント参戦中定期

ライバーがイベントに参加している時に使用する定期です。

主に「ただいま〇〇イベント参戦中!〇〇ギフトで応援してね!」という呼びかけになります。

イベントを盛り上げるシーンで活用が出来ます。

イベント参戦中定期の効果

17LIVEのイベントには、指定のギフトアイテムがあります。間違ってリスナーが違うギフトを贈るミスを防いだり、全体に応援心を仰ぐ効果があります。

ライバーにとって、イベントに参戦していることをリスナーに忘れられているほど辛いことはありません。

そんなライバーのサポートとして、このイベント参戦中定期は大いに役立ちます。

配信終了前定期

ライバーが配信を終了する前に送る定期文のことです。

配信を終える前に、皆んなに挨拶をするイメージで送ります。

配信終了前定期の例
間もなく配信が終了します☆
本日も皆さんありがとうございました☆
フォローしていない人は忘れずにフォローしてね☆
次回配信は◯日◯時です☆◯日も遊びにきてね☆*星マークは可愛い顔文字や絵文字を入れると良いです。

フォロー促しや、次回配信日のお知らせをいれると親切で良いです。

配信終了前定期の効果

最後までご視聴してくださったリスナーに向けて丁寧に挨拶ができるのは、おあとがよろしくて好まれます。

特にライバーにとっては、最後の締めの挨拶がしにくい時があります。終了前にたくさんコメントが来てなかなか終われない、慌てて終わってしまうこともあります。

配信終了前定期があることによって、リスナーのコメント数を落ち着かせる効果があります。そして、ライバーが丁寧に配信を終えることができるのです。

良い状態で配信を終了できるのは、こういった定期文があるおかげです。

17LIVEの定期コメントまとめ

・定期を送る人にルール上決まりは無いが、枠ごとに決まりがあることもある。

・新人ライバーにとって定期を送る人は貴重なので率先すると喜ばれる。

・5選の定期コメントはどれも効果があり、ライバーに喜ばれる。

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません