ラジオ配信Spoon(スプーン)の魅力!特徴や使い方を徹底解説

spoon配信

スマホで自分の声を配信できる便利なアプリ「Spoon

誰でもラジオDJ気分が味わえる上に、収益化もできるため、日本でも注目を集めているアプリです。

しかし「登録するのに費用は必要?」「収益化するのは難しいのでは?」など、Spoonの仕組みがよく分からず一歩踏み出せないという人もいるでしょう。

そこで本記事では、日本でもユーザー数が増えつつあるSpoonのサービスの特徴や使い方について詳しく解説します。

Spoonに登録しようか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Spoonアプリとは顔出しなしでライブ配信が楽しめるアプリ

Spoon(スプーン)は、2016年3月に株式会社Spoon Radio Japanがリリースした音声配信専門のアプリです。

ポコチャや17LIVEとは異なり、動画配信なしで音声のみの配信をするのに特化しています。

登録には特別な審査や費用がかからないので、誰でも気軽にラジオ配信が楽しめる点が魅力です。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

Spoon(スプーン)の配信方法

また、Spoonには3種類の配信方法があるので、 自分に合った使い方を選んで利用できます。

LIVE

通常のリアルタイム配信。リスナーと交流ができるのでファンを獲得しやすい。


CAST

事前に録音した音声を配信する。生の配信ではないので、取り直しができる点が魅力。


TALK

DJとリスナーが声でやり取りできる。音声チャットのような感覚。

ちなみにSpoonでは配信者をDJと呼び、配信を聞く側の人はリスナーと呼んでいます。

ファンが多くなれば収益化も可能なサービスなので「話をするのが好き!」「面白いネタをたくさん持っている」という方におすすめのアプリです。

Spoonの最大の特徴は?

Spoonが人気を集める理由としては下記の3つがあげられます。

  • 顔出しなしでラジオ配信ができる
  • 投げ銭システムでお金が稼げる
  • コストがかからない

Spoonの最大の魅力は誰でも気軽にDJ気分を味わえる点です。

実名や顔出しも必要ないのでプライバシーを守りながら、気軽にラジオ配信ができます。

また、有料のアイテムをリスナーが購入して、DJに贈る投げ銭システムも整備されているので、DJが稼げる仕組みになっています。

Spoonでは多くのファンを獲得することに成功すれば、投げ銭システムによって月100万円以上の収益を上げることができます。

また、スマートフォン1台あればラジオ配信ができるため、コストもほとんどかかりません。

登録料や月額料金もかからないので、仮に上手くいかなかったり、飽きてしまったりしても退会するだけで済みます。興味がある方は一度試しても良いでしょう。

Spoonアプリの使い方

ここではSpoonの使い方について詳しく解説します。

  1. アカウントを作成する
  2. プロフィールを編集する
  3. Spoonを利用してライブ配信してみる

簡単に登録できてすぐに配信できるので、利用してみたい方はチェックしてみてください。

1.アカウントを作成する

ラジオ配信を聴くだけならアカウントなしでもOKですが、自ら配信してみたい方はアカウントが必要です。

まずはSpoonアプリをダウンロードしましょう。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

TwitterまたはFacebookアカウントをお持ちの方は連携ができるので、手軽にアカウント作成できます。

もし、TwitterやFacebookアカウントがないようなら、電話番号でも登録可能です。

2.プロフィール編集

ホーム画面右下にユーザーアイコンがあるので、タップしてプロフィール編集に進みます。

ユーザー名やユーザーID、生年月日、アイコンなど必要事項を設定してください。

入力が終わったら完成をタップして編集終了です。

3.Spoonを利用してライブ配信してみる

画面中央下に「+」マークがあるので選択します。

Spoonには「LIVE」「CAST」「TALK」の3つの配信方法があるので、自分の試してみたい配信方法を選択してみましょう。

「LIVE」配信を選択する場合は、テーマを決めてタイトルを入力します。

そして誰でも聴けるライブ配信にするか、特定のファンのみ聴ける配信にするかを選択しましょう。

画面右下にスタートボタンがあるのでタップして許可を選択すればライブ配信が始まります。

Spoon配信のまとめ

Spoonは誰でも気軽にDJ気分を味わえる無料のラジオ配信アプリということをご紹介しました。

実名や顔出しが不要なのでプライバシーをきちんと守りながら、自由に自分好みのラジオ配信ができます。

・顔出し不要でラジオ配信ができる
・投げ銭システムで収益化もできる
・登録無料なので気軽に試せる

リスナーから有料アイテムを受け取る投げ銭システムがあるので、人気が出れば収益化も目指せます。

多くのファンを獲得するには試行錯誤が必要ですが、登録や月額利用料はかからないので気軽に試せますし、楽しいと思ったらどんどん稼いでいくのもアリだと思います。

スマートフォン1台でラジオDJ気分が味わえる魅力的なアプリなので、興味がある方はぜひダウンロードをしてみましょう。

Spoon (スプーン) - ラジオ・音声ライブ配信

Spoon (スプーン) – ラジオ・音声ライブ配信

Spoon Radio無料

【配信者向け】オススメのライブ配信アプリ

稼げるライブ配信アプリの特徴」を全て満たしている代表的な配信アプリと、顔出しをなるべく避けたい人にとって最適なライブ配信アプリをご紹介します!

HAKUNA(ハクナ)

顔出し無しOK!ライブ配信大国の韓国からやってきたライブ配信アプリです。

ほとんどの配信者が声のみで配信しています。

しかし、声のみの配信で月収100万円以上稼いでいる配信者が多いのはHAKUNAがダントツです。

アプリ操作もシンプルで簡単なので、試しに配信してみるところからスタートしてもいいでしょう。

HAKUNA(ハクナ) - ゆるコミュライブ配信アプリ

HAKUNA(ハクナ) – ゆるコミュライブ配信アプリ

MOVEFAST Company, K.K.無料

ふわっち

ふわっちは気軽に配信が出来るメリットもありながら、月収500万円以上のライバーが多くいます。

年齢層も幅広く、30代以上の方でも多くのライバーが稼いでいるのでオススメです。

気軽に配信をスタートしやすい代表格のアプリです。

ふわっち - ライブ配信 アプリ

ふわっち – ライブ配信 アプリ

A Inc.無料

Pococha(ポコチャ)

Pocochaは大手DeNAが運営している国内最大級のライブ配信アプリです。アプリの利用者が全員日本人で、プライバシー管理も徹底していることから安心されている配信アプリです。

Pocochaでは、配信をスタートして1日目のライバー用の一覧画面があったり、7日以内のライバー一覧があったりと、配信を始めたての人への優遇がピカイチです。

配信をスタートして、すぐに視聴者が来るように設定されているので、配信をスタートしやすいのが特徴です。

また、前述したコアファンという仕組みがあるのも特徴です。トップライバーへの課金額は700万円以上あり、稼げるアプリでもあります。

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

Pococha(ポコチャ) ライブ配信 アプリ

DeNA Co., Ltd.無料

error: コピーできません